デトランスαを正しい使い方をすれば痒みはでない事実!

 

デトランスαを使うと脇が痒くなるってウワサがあるけどこれは事実なのか?

 

 

口コミを見てみるとやっぱりデトランスαを使うと痒みがでるってけっこう書かれているんですよね。

 

 

脇がかゆくなるんだったらいくら脇汗を抑えることができても使いたくないってのが本音だと思います。

 

じゃあ口コミで書かれているように痒みがでるんだったらデトランスαなんて使えませんよね…。

 

 

でもデトランスαってけっこう人気のデオドラントなんですよね。

 

じゃあ痒みが出るのになんでそんなに人気が出ているのかって気になりません?

 

 

実はデトランスαは正しい使い方をすれば痒みを抑えることができるんですよ。

 

 

つまり口コミに書かれている方は間違った使い方をしてしまっている方が多いということなんです。

 

 

じゃあどういった使い方が間違っているのか?

 

正しいデトランスαの使い方ってどうすればいいのか?

 

 

デトランスαの間違った使い方

 

日本製のデオドラントというのは汗を抑えるために、

 

脇汗が出る前に塗る

 

脇汗が出てからも塗る

 

しょっちゅう塗る

 

 

このパターンが多いですよね。

 

 

でもデトランスαはこんなしょっちゅう塗りません。

 

つまり日本製のデオドラントと同じ感覚でデトランスαを使っている方が多いということなんです。

 

 

朝起きてデトランスαを塗ってそのまま出勤したり、昼間汗が出たからデトランスαを塗ったりと日本製のデオドラントと同じ感覚で使っているとやはり脇がかゆくなってしまうんですね。

 

 

デトランスαは海外製のデオドラントなので日本製のデオドラントと比べてかなり成分が強いです。

 

 

日本製のデオドラントと同じ感覚で使ってはいけないんですね。

 

 

デトランスαの正しい使い方

 

デトランスαの正しい使い方は夜に塗ることです。

 

お風呂からあがって脇をキレイにする

 

脇を乾かす

 

乾いた脇にデトランスαを塗る

 

脇を乾かす

 

パジャマを着る

 

朝起きた時に濡れタオルやウェットティッシュ等で脇を拭く

 

脇を乾かす

 

服を着る

 

 

これがデトランスαの正しい使い方です。

 

 

昼間汗が出たからといってデトランスαは使う必要がありません。

 

 

使い始めは昼間に脇汗が出てしまうかもしれませんが、使い続けることでこの脇汗の量はかなり抑えられてきますよ。

 

 

もしデトランスαを正しく使っていて痒みを感じるようならば、デトランスαを脇に塗る時に直接塗るのではなくコットンにつけてから塗るようにすればより刺激を抑えることができますよ。

 

ページの先頭へ戻る